2020年10月15日号
次回11月2日更新予定

著者紹介

黒岩朋子(くろいわ・ともこ)

最終更新日:2019年03月01日

森美術館学芸部勤務を経て、2009〜2018年までインド、ニューデリー在住。森美術館 では「 チャロ!インディア:インド美術の新時代」展(2008-09)のアシスタント・キュレーター。 滞在中は現地から現代美術情報を美術雑誌に紹介するほか、日本の国際展や展覧会の現地コーディネイトおよび調査に携わる。第5回福岡アジア美術トリエンナーレ2014協力キュレーター(インド)、 ヨコハマトリエンナーレ2017に出展した小沢剛「The Return of K.T.O.」の現地制作コーディネイター(インド) 。

この著者が書いた記事

コロナ禍とともに歩むアート──ヨコハマトリエンナーレ2020「AFTERGLOW─光の破片をつかまえる」

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2020年06月15日]

【コーチン】コチ=ムジリス・ビエンナーレ2018と南アジアにひろがる芸術祭

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2019年03月01日]

わたしたちのビエンナーレ
──コチ=ムジリス・ビエンナーレが示すアートのかたち

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2017年01月15日]

文字の大きさ