2020年09月15日号
次回10月1日更新予定

著者紹介

野中祐美子(のなか・ゆみこ)

最終更新日:2020年06月01日

金沢21世紀美術館アシスタント・キュレーター/レジストラー。1980年名古屋市生まれ。名古屋大学大学院文学研究科美学美術史学専攻博士後期課程満期退学。清須市はるひ美術館学芸員を経て2014年12月より現職。近年の主な展覧会は「現在地:未来の地図を描くために」(2019-20)、「アペルト10 横山奈美」(2019)、「アペルト09 西村有」(2018-19)、「泉太郎 突然の子供」(2017-18)、「Superflex One Year Project─THE LIQUID STATE / 液相」(2016ー17)など。
Illustration by Kanako Kitaguchi

この著者が書いた記事

現代美術館が持つ「現代」の意味──「現在地:未来の地図を描くために」展

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2020年06月01日]

文字の大きさ