2022年05月15日号
次回6月1日更新予定

著者紹介

志田康宏(しだ・やすひろ)

最終更新日:2021年11月15日

1986年生まれ。栃木県立美術館学芸員。専門は日本近現代美術史。主な企画展覧会に「展示室展」(KOGANEI ART SPOT シャトー2F、2014)、「額装の日本画」、「まなざしの洋画史 近代ヨーロッパから現代日本まで 茨城県近代美術館・栃木県立美術館所蔵品による」、「菊川京三の仕事―『國華』に綴られた日本美術史」(栃木県立美術館)など。

この著者が書いた記事

「コレクション」を考える(3)──個人コレクションの「再パッケージ」化

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2022年04月15日]

「コレクション」を考える(2)──「私的コレクション」を「公立美術館」にすること

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2022年02月15日]

「コレクション」を考える(1)──「コレクター」を展示する

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2021年11月15日]

文字の大きさ