2021年09月15日号
次回10月1日更新予定

著者紹介

森尾さゆり(もりお・さゆり)

最終更新日:2021年09月01日

コンサバター。1981年東京生まれ。2007年に渡英。2009年ロンドン芸術大学セントラル・セント・マーチンズ・カレッジ・オブ・アートのガラスアート科卒業後、ロンドンのモザイク工房に6年間勤務。2015年よりシティ&ギルド・ロンドン美術学校にて、修復を学ぶ。2017年、大英博物館の石彫修復室にてインターン。2018年、同校を卒業後、ヴィクトリア&アルバート美術館(V&A)の彫刻修復室に勤務。大理石、石膏、木像彫刻等の修復や収蔵庫の移転作業に伴う点検、修復作業に携わる。2020年、テイラー・ピアス修復工房(Taylor Pearce Ltd)にて、V&A所蔵作品の建築物修復を担当。2021年夏、帰国。

© Victoria and Albert Museum. London

この著者が書いた記事

【ロンドン】複製が伝えるもの──ヴィクトリア・アンド・アルバート美術館 キャストコートでの経験から

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2021年09月01日]

文字の大きさ