2020年06月01日号
次回6月15日更新予定

著者紹介

小野田光(おのだ・ひかる)

最終更新日:2019年09月01日

方力鈞の坊主頭の笑う男との出会いをきっかけに、2000年頃から中国の現代美術に関わる。現在、上海在住15年目。

この著者が書いた記事

【上海】日常から非日常へ、そして新たな日常へ──アートシーンにおけるデジタル化の加速

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2020年06月01日]

【上海】陸揚と喩紅──2人の作家をとおして見る中国の多面性

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2019年09月01日]

文字の大きさ