2022年12月01日号
次回12月15日更新予定

著者紹介

柘植響(つげ・ひびき)

最終更新日:2022年03月15日

1963年生まれ。自費出版人、ライター、ボクサー、写真家。「YES」「美術手帖」「商店建築」「ART iT」「MEN’S CLUB」「MEN’S EX」などアート、建築、ファッションなどのメディアに連載執筆。共著『図工室へいこう』(美術出版社)。
art blog VOID CHICKEN DAYS オキュパイしてけろ!」、 メルマガ「VOID Chicken Nuggets」「VOID chicken nugget archive」「Art Magazine VOID archive」「ART VOID chicken(Tiktok)」共同編集発行人

Photo: Towa Hiyoshi (Art project, Sign of life)

この著者が書いた記事

[PR]24年目の「DOMANI・明日展」──これからの文化庁新進芸術家海外制度のあり方を探る

コンテンツカテゴリ:トピックス
[2022年03月15日]

DOMANI・明日展PLUS X 日比谷図書文化館
──文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち

コンテンツカテゴリ:トピックス
[2017年12月15日]

あらためて問う、芸術祭という場──さいたまトリエンナーレ リレートーク

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2016年05月15日]

パウル・クレー だれにも ないしょ。

コンテンツカテゴリ:トピックス
[2015年07月15日]

文字の大きさ