2019年11月01日号
次回11月15日更新予定

著者情報

内呂博之(うちろ・ひろゆき)

最終更新日:2019年11月01日

2001年、東京藝術大学大学院博士後期課程中退後、公益財団法人ポーラ美術振興財団ポーラ美術館学芸員(-2013年)。2014年より公益財団法人金沢芸術創造財団金沢21世紀美術館コンサベーター兼キュレーター(-2018年)。現在、ポーラ美術館学芸員。専門は美術作品の保存修復、近現代美術史、藤田嗣治研究。

この著者が書いた記事

スタッフエントランスから入るミュージアム(2)
コンサベーション──専門家ネットワークで作品を未来に託す

コンテンツカテゴリ:トピックス
[2019年11月01日]

文字の大きさ