2022年07月01日号
次回7月15日更新予定

著者紹介

新畑泰秀(しんばた・やすひで)

最終更新日:2022年06月01日

石橋財団アーティゾン美術館学芸員。
横浜美術館、ブリヂストン美術館を経て現職。これまで担当した展覧会に、「セザンヌ主義­─父と呼ばれる画家への礼讃」展(横浜美術館、2008-2009)、「アンフォルメルとは何か?─20世紀フランス絵画の挑戦」展(ブリヂストン美術館、2011)、「カイユボット展─都市の印象派」(ブリヂストン美術館、2013)、「STEPS AHEAD」(アーティゾン美術館、2021)他。著書に『失楽園─風景表現の近代 1870-1945』(共著、大修館書店、2004)ほか。

この著者が書いた記事

[PR]芸術家はどのようにものを見て、作品をつくるのか──ジャム・セッション 石橋財団コレクション×柴田敏雄×鈴木理策 写真と絵画─セザンヌより 柴田敏雄と鈴木理策(アーティゾン美術館)

コンテンツカテゴリ:トピックス
[2022年06月01日]

文字の大きさ