2022年09月15日号
次回10月3日更新予定

著者紹介

竹下暁子(たけした・あきこ)

最終更新日:2022年09月15日

山口情報芸術センター[YCAM]パフォーミングアーツ・プロデューサー
京都芸術センターでアーティスト・イン・レジデンス担当のアート・コーディネーターとして勤務。その後、京都造形芸術大学舞台芸術研究センターで舞台制作を担当。2008年4月から現職。野村萬斎+坂本龍一+高谷史郎による能楽コラボレーション作品《LIFE─WELL》(2013)、イスラエル・ガルバン+YCAMダンス公演『Israel & イスラエル』(2019)、篠田千明 オンライン・パフォーマンス公演『5×5×5本足の椅子』(2020)、石若駿+YCAMパフォーマンス公演『Echoes for unknown egos―発現しあう響きたち』(2022)などのYCAMオリジナル作品のプロデュースのほか、テクノロジーと身体の新しい関係を追求する研究開発プロジェクトのディレクションを担当。

[撮影:Gottingham]

この著者が書いた記事

「共演者」がもたらす想像力──AIとパフォーミングアーツの現在

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2022年09月15日]

進化するラボ駆動型文化施設、課題解決から実験へ
──メディアセンター WaterShed

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2017年11月01日]

文字の大きさ