2022年12月01日号
次回12月15日更新予定

著者紹介

尺戸智佳子(しゃくど・ちかこ)

最終更新日:2021年12月01日

黒部市美術館学芸員。金沢美術工芸大学美術工芸研究科修了、(公財)金沢芸術創造財団(2006-2014)で主に舞台芸術の企画制作に携わり、2014年より現職。現代美術や版画の展覧会、普及活動を担当する。専門は日本の近現代美術史。近年の展覧会は、「風間サチコ展─コンクリート組曲」(2019)、「風景と食設計室ホー 台所に立つ、灯台から見る」(2020)、「山下麻衣+小林直人『蜃気楼か。』」(2021)など。

この著者が書いた記事

第5回 その町で一人ひとりが能動的になること、活性化すること──赤井あずみ(鳥取県立博物館/HOSPITALE)×尺戸智佳子(黒部市美術館)[後編]

コンテンツカテゴリ:もしもし、キュレーター?
[2022年11月01日]

第4回 どうせ学ぶのであれば、誰かと一緒に学びたい──赤井あずみ(鳥取県立博物館/HOSPITALE)×尺戸智佳子(黒部市美術館)[前編]

コンテンツカテゴリ:もしもし、キュレーター?
[2022年10月15日]

第3回 地域のことを考えないと、美術館自体が成立しない──尺戸智佳子(黒部市美術館)×藤川悠(茅ヶ崎市美術館)

コンテンツカテゴリ:もしもし、キュレーター?
[2021年12月01日]

文字の大きさ