2019年07月01日号
次回7月16日更新予定

著者情報

金子智太郎(かねこ・ともたろう)

最終更新日:2019年04月01日

1976年生まれ。東京藝術大学等で非常勤講師。専門は美学、聴覚文化論。日本美術サウンドアーカイヴ主催。最近の仕事に論文「環境芸術以後の日本美術における音響技術──一九七〇年代前半の美共闘世代を中心に」(『表象』12号、2018)、「一九七〇年代の日本における生録文化──録音の技法と楽しみ」(『カリスタ』23号、2017)ほか。共訳にジョナサン・スターン『聞こえくる過去──音響再生産の文化的起源』(中川克志・金子智太郎・谷口文和訳、インスクリプト、2015)。雑誌『アルテス』でサウンド・スタディーズ/サウンド・アートをめぐる洋書レビュー連載(2011〜15)。 https://tomotarokaneko.com/ https://japaneseartsoundarchive.com/

この著者が書いた記事

Artwords 現代美術用語辞典 ver.2.0

メディアから考えるアートの残し方
後編 歴史の描き方から考える──展示、再演、再制作

コンテンツカテゴリ:トピックス
[2019年04月01日]

音の展開2017

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2017年02月15日]

音の展開2014

コンテンツカテゴリ:いま知っておくべきアートワード50選
[2014年08月01日]

[シリーズ6:“音”の現在形]聴くこと、見ること、知覚すること──音=楽=アートの現在形

コンテンツカテゴリ:トークシリーズ:「Artwords」で読み解く現在形
[2013年12月15日]

音響による空間構成──池田亮司「+/−[the infinite between 0 and 1]」展

コンテンツカテゴリ:展示の現場
[2009年04月15日]

文字の大きさ