2020年12月01日号
次回12月15日更新予定

著者紹介

橘美貴(たちばな・みき)

最終更新日:2019年03月01日

1990年神戸生まれ。2015年関西学院大学(文学研究科美学芸術学領域)修了。2016年より高松市美術館で学芸員として勤務。「ヤノベケンジ展」や「高松コンテンポラリーアート・アニュアル」など現代美術の展覧会に携わるほか、「音丸耕堂展」など讃岐漆芸を含む工芸の展覧会を担当する。

この著者が書いた記事

アートを摂取すること──「猪熊弦一郎展 アートはバイタミン」

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2020年09月15日]

美術館での収集・保存の現状と課題──
高知県立美術館「収集→保存 あつめてのこす」展を受けて

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2020年06月01日]

物語を紡ぎ、文化の変容に立ち会う──四国の二つの展覧会より

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2020年03月01日]

アーティストたちの客観性──高松コンテンポラリーアート・アニュアル vol.08/社会を解剖する

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2019年10月15日]

瀬戸内の風景──瀬戸内国際芸術祭2019

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2019年07月01日]

「視点を変えてミる」──中学生キュレーターたちと展覧会を企画する

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2019年03月01日]

文字の大きさ