2020年08月01日号
次回9月1日更新予定

著者紹介

青木彬(あおき・あきら)

最終更新日:2020年04月01日

1989年生まれ。インディペンデント・キュレーター。首都大学東京インダストリアルアートコース卒業。アートプロジェクトやオルタナティヴ・スペースをつくる実践を通し、日常生活でアートの思考や作品がいかに創造的な場を生み出せるかを模索している。社会的擁護下にある子どもたちとアーティストを繋ぐ「dear Me」企画・制作。まちを学びの場に見立てる「ファンタジア! ファンタジア! ─生き方がかたちになったまち─」ディレクター。「喫茶野ざらし」共同ディレクター。

この著者が書いた記事

よりよく生きるための選択──孤立から救済する技術

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2020年04月01日]

アートプロジェクトにおける臨床的価値とはなにか
──「生きること」と「アート」が交差する現場から

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2019年02月15日]

文字の大きさ