2019年08月01日号
次回9月2日更新予定

著者情報

吉﨑和彦(よしざき・かずひこ)

最終更新日:2019年06月01日

1980年生まれ。山口情報芸術センター[YCAM]キュレーター。ロンドン大学ゴールドスミス・カレッジ現代芸術論修士課程を修了。2009年から2017年まで東京都現代美術館に勤務し、2017年より現職。企画に携わった主な展覧会に「メディアアートの輪廻転生」(エキソニモとの共同企画、山口情報芸術センター、2018)、「再演されるステレオタイプ」(iCAN [Indonesia Contemporary Art Network]、インドネシア・ジョグジャカルタ、2017)、「MOTアニュアル2016 キセイノセイキ」(ARTISTS’ GUILDとの協働企画、東京都現代美術館、2016)、「フランシス・アリス展」(東京都現代美術館、2013)など。

[©︎Gottingham]

この著者が書いた記事

身体はどこから来て、どこへ行くのか──YCAMバイオ・リサーチとcontact Gonzoがとりくむ身体表現

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2019年06月01日]

文字の大きさ