2020年09月15日号
次回10月1日更新予定

著者紹介

清恵子(せい・けいこ)

最終更新日:2020年04月15日

著作家、キュレーター、メディア・アクティビスト。
日本でビデオギャラリーSCANのディレクターおよびビデオキュレーターを務めた後、東欧に移り、メディアを使った社会変革に参加する。2002年に東南アジアに移り、ミャンマーとタイを中心に活動。ミャンマーでは映画教育を始め、同国初の自主映画祭「ワッタン映画祭」の立ち上げに関わる。チェコやドイツの大学ではメディアアート・アクティビズムを教える。
オーストリアの 『springerin』 誌特派員。『documenta 12 magazines』編集員。ドイツ出版の書籍『Von der Burokratie zur Telekratie(ビューロクラシーからテレクラシーへ)』(Merve Verlag、1990)編集のほか、著書にチェコで出版の『Terminal Landscape』(2004)がある。キュレーターとして立ち上げたプロジェクトには“The Media Are With Us! The Role of Television in the Romanian Revolution” (ブダペスト、1990), "The Age of Nikola Tesla (オスナブリュック、1991), EX-ORIENTE-LUX - Romanian Video Week (ブカレスト、 1993), Eastern Europe TV & Politics (バッファローNY、1993), "lantern magique ~ artistes théques et nouvelles technologies (ストラスブール、 1998), POLITIK-UM/new Engagement,(プラハ、2002), Re-Designing East, (シュトゥットガルト、グダニスク、2010/ブタペスト、2011)などがある。

この著者が書いた記事

【ヤンゴン】開国のあとで──揺れ動くミャンマー現代美術家たち

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2020年04月15日]

文字の大きさ