2020年08月01日号
次回9月1日更新予定

著者紹介

和田信太郎(わだ・しんたろう)

最終更新日:2020年07月01日

メディアディレクター、東京藝術大学大学院映像研究科助教、RAM Associationディレクター。コ本や honkbooksでは、展覧会企画、映像制作、書籍出版を担当。芸術実践の在り方をめぐって、アートプロジェクトの企画、教育プログラムの開発、映像メディアや書籍出版の制作など、プロジェクトベースに活動する。主な仕事として、展覧会シリーズ「残存のインタラクション」企画、「尺度の詩学」企画(Kanzan Gallery、2017-18)、「ワーグナー・プロジェクト」メディアディレクター(神奈川芸術劇場KAAT、2017)、パフォーマンスシリーズ「サークル・ナレーティング」企画(2019-)がある。

この著者が書いた記事

オルタナティヴ・スペースが拡げる「活動の空間」

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2020年07月01日]

文字の大きさ