2019年12月01日号
次回12月16日更新予定

著者紹介

川浪千鶴(かわなみ・ちづる)

最終更新日:2011年11月01日

高知県立美術館企画監兼学芸課長。福岡県立美術館学芸課長を経て、2011年7月から現職。専門は日本の戦後から現代美術、美術館教育、アートマネジメント。おもな企画展=「アートの現場・福岡」シリーズ(1998〜2009)、「菊畑茂久馬と〈物〉語るオブジェ」展(2008)、「池田龍雄 アヴァンギャルドの軌跡」展(2011)ほか。

この著者が書いた記事

土佐の3人──武内光仁、西悟、絵金

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2012年08月01日]

塩田千春「私たちの行方」

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2012年05月01日]

アートゾーン藁工倉庫と藁工ミュージアム

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2012年02月01日]

沢田マンションとSAWASONIC サワダマンションマツリ2011

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2011年11月01日]

文字の大きさ