2019年12月01日号
次回12月16日更新予定

著者紹介

川浪千鶴(かわなみ・ちづる)

最終更新日:2011年11月01日

高知県立美術館企画監兼学芸課長。福岡県立美術館学芸課長を経て、2011年7月から現職。専門は日本の戦後から現代美術、美術館教育、アートマネジメント。おもな企画展=「アートの現場・福岡」シリーズ(1998〜2009)、「菊畑茂久馬と〈物〉語るオブジェ」展(2008)、「池田龍雄 アヴァンギャルドの軌跡」展(2011)ほか。

この著者が書いた記事

「鈴木理策写真展──意識の流れ」「刺繍をまなぶ展」「具体の画家──正延正俊」

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2015年05月15日]

倉地雅徳×五十嵐英之 Live with Drawing──人はなぜ「絵」を描き続けるのか

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2015年02月01日]

石元泰博展示室オープン/オープン記念「石元泰博写真展──この素晴らしき世界」/アーティスト・イン・レジデンス須崎「現代地方譚2」

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2014年11月01日]

ゴー・ビトゥイーンズ展──こどもを通して見る世界

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2014年08月01日]

三嶽伊紗のしごと──みているもののむこう

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2014年05月01日]

アーティスト イン レジデンス須崎「現代地方譚」

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2014年02月01日]

郷土の美術をみる・しる・まなぶ特別編「江上茂雄──風ノ影、絵ノ奥ノ光」展

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2013年11月01日]

「石元泰博フォトセンター」誕生/塩田千春──ありがとうの手紙/安部泰輔──シャガール世界/シャガールの不思議な森

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2013年08月01日]

吉村芳生 展──色鉛筆で描く彼岸と日常

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2013年05月01日]

定本『絵金 極彩の闇』

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2012年11月01日]

文字の大きさ