2020年08月01日号
次回9月1日更新予定

著者紹介

暮沢剛巳(くれさわ・たけみ)

最終更新日:2020年07月15日

1966年青森県生まれ。東京工科大学デザイン学部教授。美術批評・美術館研究・文化批評。著書に『「風景」という虚構―美術/建築/戦争から考える』(ブリュッケ、2005)、『アートピック・サイト』(美学出版、2010)、『エクソダス──アートとデザインをめぐる批評』(水声社、2016)、『オリンピックと万博』(ちくま新書、2018)など多数。

この著者が書いた記事

「技術を伴ったパッションの記号化」の軌跡と今後──松井冬子「世界中の子と友達になれる」展レビュー

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2012年01月15日]

モダニズムと前衛の消長(国立新美術館「シュルレアリスム展」レビュー)

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2011年02月15日]

既存の国際展を超える試みを目指す──「あいちトリエンナーレ」レポート

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2010年09月15日]

美術館のこれから──今秋以降のリニューアルについて

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2009年10月15日]

やなぎみわインタビュー:ヴェネツィアから帰国して

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2009年07月15日]

コミュニティの核としての国際展──北川フラム氏インタビュー

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2009年01月15日]

金融危機のいまこそ、アーティストの真価が問われる──三潴末雄氏インタビュー

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2009年01月15日]

文字の大きさ