2019年12月01日号
次回12月16日更新予定

著者紹介

坂本顕子(さかもと・あきこ)

最終更新日:2017年04月15日

1976年熊本市生まれ。熊本市現代美術館学芸員。同館設立準備室を経て現職。
教育普及をベースに、現代美術系の企画展を多数行なう。美術や美術館が地域に開かれていくための研究・実践を続けている。http://www.camk.or.jp/

この著者が書いた記事

「表現の森 協働としてのアート」/「丸尾三兄弟 〇O(マルオ)の食卓」

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2016年10月15日]

熊本地震後レポート──「かえってきた!魔法の美術館」

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2016年07月15日]

大竹伸朗「針工場」/淀川テクニック「ゴミニケーションin熊本!!」「だまし絵王エッシャーの挑戦状」

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2016年04月15日]

「川内倫子 川が私を受け入れてくれた」「江上茂雄 展」

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2016年01月15日]

「嘉麻市レジデンシー・ビエンナーレ」「STANCE or DISTANCE?──わたしと世界をつなぐ‘距離’」

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2015年10月15日]

大分県立美術館「みんなの土曜アトリエ・体験から鑑賞まで」

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2015年07月15日]

「高齢社会における博物館の役割を考える」「高齢者とアートのしあわせな出会いセミナー」

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2015年04月15日]

「国東半島芸術祭」「鉛筆のチカラ──木下晋・吉村芳生」

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2015年01月15日]

「熊本−東京──画家たちの上京物語」「若木くるみの制作道場 リターンズ」「パープルーム大学II」

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2014年10月15日]

淺井裕介「マスキングプラントの収穫と脱走した猫」「街なか子育て広場公開制作」/「水戸岡鋭治からのプレゼント」

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2014年07月15日]

文字の大きさ