2020年09月15日号
次回10月1日更新予定

著者紹介

多田麻美(ただ・あさみ)

最終更新日:2020年03月06日

1973年生まれ。アートライター、作家、翻訳者。テーマは中国とロシアの文化。現在、イルクーツク在住。著書に『中国 古鎮をめぐり、老街をあるく』(亜紀書房、2019)、『映画と歩む、新世紀の中国』(晶文社、2016)、『老北京の胡同──開発と喪失、ささやかな抵抗の記録』(晶文社、2015)。訳著に『乾隆帝の幻玉──老北京骨董異聞』(劉一達著、中央公論新社、2010)、『北京再造──古都の命運と建築家梁思成』(王軍著、集広舎、2008)。共著に『北京探訪』(愛育社)、『北京を知るための52章』(明石書店)など。

この著者が書いた記事

中国現代アートの歩みを総括

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2009年12月01日]

周縁からの視線 北京の現代アート展をめぐって

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2009年08月01日]

文字の大きさ