2020年09月15日号
次回10月1日更新予定

著者紹介

多田麻美(ただ・あさみ)

最終更新日:2020年03月06日

1973年生まれ。アートライター、作家、翻訳者。テーマは中国とロシアの文化。現在、イルクーツク在住。著書に『中国 古鎮をめぐり、老街をあるく』(亜紀書房、2019)、『映画と歩む、新世紀の中国』(晶文社、2016)、『老北京の胡同──開発と喪失、ささやかな抵抗の記録』(晶文社、2015)。訳著に『乾隆帝の幻玉──老北京骨董異聞』(劉一達著、中央公論新社、2010)、『北京再造──古都の命運と建築家梁思成』(王軍著、集広舎、2008)。共著に『北京探訪』(愛育社)、『北京を知るための52章』(明石書店)など。

この著者が書いた記事

舞台芸術とその周辺──異化される人間たち

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2013年08月01日]

「ON/OFF」展、現在進行形のアーティストたち

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2013年03月01日]

「知らないこと」を起点に──竹田信平のマルチメディア・プロジェクト ALPHA DECAY α崩壊7

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2012年11月01日]

早春のパフォーマンス2つ──黄鋭の「八卦磨」と何雲昌の「十世」

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2012年05月01日]

手と心の触感──向京の「この世界は良くなるのか?」展と「手で触れる」展

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2011年11月01日]

激変する都市のはざまで──「草場地春の写真祭2011」レポート

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2011年06月01日]

「ルール」を介した表現

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2011年02月01日]

盒の中のパフォーマンス

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2010年12月01日]

伝統をめぐるいくつかの流れ

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2010年07月01日]

芸術区の行方、そしてアートと場所の関係

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2010年04月01日]

文字の大きさ