2020年07月01日号
次回7月15日更新予定

著者紹介

住友文彦(すみとも・ふみひこ)

最終更新日:2014年01月15日

1971年生まれ。アーツ前橋館長。あいちトリエンナーレ2013、メディア・シティ・ソウル2010(ソウル市美術館)の共同キュレーター。NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ(AIT)創立メンバー。展覧会=「Possible Futures:アート&テクノロジー過去と未来」展(ICC、東京、2005)、「川俣正[通路]」(東京都現代美術館、東京、2008)、ヨコハマ国際映像祭2009ほか。共著=『キュレーターになる!』ほか。

この著者が書いた記事

「1974」(第1部 1974年ニ生マレテ、第2部 1974年──戦後日本美術の転換点)、「服の記憶──私の服は誰のもの?」

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2014年10月01日]

「あなたの知らない大川美術館展」、「プレイヤーズ──遊びからはじまるアート」ほか

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2014年07月01日]

シンポジウム「アジアの美術館の未来」、「Art Meets 01 津上みゆき/狩野哲郎」、「白川昌生 ダダ、ダダ、ダ──地域に生きる想像☆の力」

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2014年04月01日]

ミヤギフトシ「American Boyfriend: The Ocean View Resort」「New Message」、竹内公太「影を食う光/Sight Consuming Shadow」、「カゼイロノハナ──未来への対話」

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2014年01月15日]

中之条ビエンナーレ2013、あいちトリエンナーレ2013

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2013年10月01日]

渡辺英司──Vehicles(乗り物)/アーツ前橋プレオープン展示「コレクション+ からだが語る」

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2013年07月01日]

実験工房展、風が吹けば桶屋が儲かる、WALK あるくことからはじまること

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2013年04月01日]

志賀理江子──螺旋海岸

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2013年01月15日]

数寄者達──琳派以後の方法 2012、The Daegu Photo Biennale 2012、別府現代芸術フェスティバル2012「混浴温泉世界」

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2012年10月01日]

第7回ベルリン・ビエンナーレ、ドクメンタ13

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2012年07月01日]

文字の大きさ