2020年10月15日号
次回11月2日更新予定

著者紹介

中井康之(なかい・やすゆき)

最終更新日:2020年08月01日

1959年生まれ。国立国際美術館学芸員。これまで企画したおもな展覧会=「もの派-再考」「藤本由紀夫展 +/-」「アヴァンギャルド・チャイナ-〈中国当代美術〉-二十年」など。

この著者が書いた記事

梅田哲也:大きなことを小さくみせる/秋山ブク「コンポジション 6番:梅香堂の備品による」

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2011年12月15日]

李禹煥「無限の提示」、ライアン・トラカートゥン「エニィ・エヴァー」

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2011年09月15日]

平川ヒロ「よじのぼったネズミと、くぐりぬけようとするネコ」/京芸Transmit Program#2 転置 ほか

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2011年06月15日]

京都市立芸術大学作品展(学内展)/わたしが This is になっても黒目画廊に連れてって/風穴 もうひとつのコンセプチュアリズム、アジアから

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2011年03月15日]

国立美術館巡回展/FLAT LAND──絵画の力/實松亮+安部貴住「循環と置換」

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2010年12月15日]

夏の夜の夢──CAAK Lecture 35 中崎透「遊戯室について」(Dialogue Tour 2010 第4回)を聴講して

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2010年09月15日]

京芸Transmit Program#1 「きょう・せい」/レゾナンス 共鳴──人と響き合うアート
会田誠《滝の絵》公開制作

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2010年06月15日]

小清水漸退任記念展/小清水漸 個展「雪のひま」/菅木志雄──在るということ

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2010年03月15日]

睡蓮池のほとりにて──モネと須田悦弘、伊藤存/Gilberto Zorio/Per Kirkeby

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2009年12月15日]

木村友紀「POSTERIORITY」/少年少女科学クラブ「理科室の音楽、音楽室の理科 TUNE/LABORATORIUM」/館勝生 展

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2009年09月15日]

文字の大きさ